新進気鋭のスーツケースブランドAway(アウェイ)

※画像出典:Away

「海外で人気のAwayってどんなブランド?」

「Awayのスーツケースの特徴は?」

「スーツケースはどこで手に入るの?」

世界的に爆発的に人気が広がっているというスーツケースブランド、Away(アウェイ)
そのブランドの成り立ちやスーツケースの特徴について、まとめてみました。

アメリカ・NY発。創業2年半で50万個のスーツケースを販売したAway

NYで生まれたスーツケースブランドAwayは2015年創業

※画像出典:Away

Awayは2015年、アメリカ・ニューヨークで生まれたスーツケースブランド。

海外の有名スーツケースブランド、RIMOWA(リモワ)が1898年生まれ、Samsonite(サムソナイト)が1910年生まれ。

そんな老舗ブランドがひしめくスーツケース業界の中で、Awayは創業わずか2年半50万個のスーツケースを販売したとのことです。

米サムソナイト、独リモワなど100年以上の歴史を持つ老舗がひしめく市場にあって、アウェーは2015年の創業から2年半で50万個を売り上げた。

※出典:2018/10/30日経産業新聞コラムより

スーツケースブランドAwayの創業者の2人

※画像出典:Gigazine

Awayを創業した二人が、ジェン・ルビオ氏(写真左)とステフ・コーリー氏(写真右)。
女性二人で創業したということもあって、Awayは同じ女性からの支持も厚いブランドになっています。

「旅行」という共通の趣味を持つ二人はすぐに意気投合すると、いつしか「簡単には壊れない手ごろな価格のスーツケースが欲しい」という互いの欲求を共有し、その情熱のあまり二人で旅行者のためのスーツケースメーカーを立ち上げることになりました。こうしてできたのが「Away」です。

※出典:2018/07/09 Gigazineより

そんなAwayはビジネスとしての期待も大きく、投資家達からの出資は累計100億円を超える金額となっているのだそう。

旅行カバンやスーツケースに特化した新興ラゲージブランド「アウェイ(Away)」が1億ドル(約109億円)の資金調達を実施し、企業価値は14億ドル(約1530億円)に達した。

※出典:2019/05/16 Forbes JAPANより

さまざまな方面で、多くの人から熱い視線を集めているブランドと言えますね。

特徴は、 “ミレニアル世代” をターゲットにした機能・デザイン・価格。

ミレニアル世代から圧倒的支持を集めるスーツケースブランドAway

※画像出典:Away

アメリカでは、2000年代に成人を迎えた世代を「ミレニアル世代」と呼ばれ、最近は日本でもこの言葉がニュース等で使われる様にもなってきました。

簡単には壊れない、愛着の持てるスーツケースを、手の届きやすい価格で。

デザイン性の高さと価格を抑えることの両立にこだわり抜いて、このミレニアル世代をターゲットにしたスーツケースを作りたいと考えたのが、Awayのはじまりなのだそうです。

そんなAwayだからこそと言える機能やサービス、デザインについて、一つ一つ見ていきましょう。

携帯電話を充電出来る「スマートスーツケース」で大ヒット

取り外し可能充電バッテリーを内蔵したAwayのスマートスーツケース

※画像出典:wayward

Awayでは、スマートフォン等を旅先でも充電出来るリチウムイオンバッテリーを内蔵したスーツケースが爆発的にヒットしました。

検索や地図を見たり、写真をSNSにアップしたり…とスマホを片手から手放せない旅行者には安心の機能ですね。

バッテリーを装着したままでは飛行機に持ち込めない規制もあるので、取り外しも可能な仕様に。

また、充電バッテリーが必要無い、という人向けにも、「バッテリー抜き」のスーツケースも購入の際には選べます

その他にも、洗濯物専用の収納袋が付属していたり、マトリョーシカの様な形で大・中・小サイズをスーツケース in スーツケースで綺麗に収納出来たりと、旅行者の生の声から着想した細かい工夫が見られるのも、Awayのスーツケースならではのポイントです。

安心の生涯保証

壊れてもお店で無償で修理してもらえる生涯保証サービスも、Awayの魅力の一つ。

保証の対象も、ボディのひび割れ修理からハンドル・ホイールの交換、ファスナーの不良などに至るまで、ほとんど全面的にカバーされています。

愛着のあるスーツケースを末永く安心して使えるのは嬉しいですね。

また、購入から100日以内であれば、返品もOK

新興ブランドらしく、かなり踏み込んだサービスを提供しているブランドと言えますね。

ミレニアル世代の心をつかむデザインと世界観

写真を眺めるだけでも楽しいAwayのサイト

※画像出典:Away

なんと言っても、旅が楽しくなりそうなデザイン、世界観が好きという意見がAwayファンの中でも多そうです。

スーツケースブランドという枠に留まらず、自らを旅のプラットフォームと称して、旅という体験を楽しくしたい、という想いに共感してAwayファンになる人が続出している模様。

Instagramのフォロワー数はスーツケースブランド世界No.1。

Instagramフォロワー数世界No.1スーツケースブランドのAway

※画像出典:Instagram

Awayがターゲットにしているミレニアル世代というのは、いわゆるデジタルネイティブ世代。

SNSを積極的に利用している層の熱い指示を得ているというのもあって、Instagramのフォロワー数は、スーツケースブランド内で世界No.1に。

Instagram内で投稿しているStory動画も充実していて、実際の使用イメージが想像しやすく、動画が購入の決め手になったというユーザーさんも多いようです。

Instagramではスーツケースの紹介に留まらず、旅行がしたくなる風景写真も多く投稿されていて、そういった風景写真を眺めているだけでも楽しめます。

AWAYのInstagramアカウントはこちら >>

Awayの主なスーツケースの価格帯は220~300米ドル

Awayのスーツケースの価格帯は2~3万円台

※画像出典:Away

Awayのスーツケースは全部で10種類ほど。

とてもシンプルなラインナップですね。

その分、カラーバリエーションは豊富。

主要スーツケースのカラーは約10種類から選ぶことが出来ます。

価格は容量40Lの小サイズ「The Carry-On」で225米ドル、大容量99.2Lサイズ「The Large」で295米ドル。

よりラグジュアリーなアルミニウム素材バージョンなら475米ドル~595米ドルになります。

日本円で換算すると、2~3万円台で品質の高いスーツケースが手に入るのは、魅力的ですね。

Awayのスーツケースはどこで買える?

売上の9割がインターネット経由というAway。

残念ながら現時点では、直営オンラインショップの日本への配送は対応していない様です。

We currently ship everywhere in the US, including Alaska and Hawaii, as well as Canada, Australia, and most of Europe

Awayの配送可能な国はこちらで確認することが出来ます。

この中に早く日本が加わると良いですね…!

どうしても手に入れたい!という方は、アメリカ現地ロンドンにある直営店舗で手に入れるか、価格は割高になってしまいますが、ソーシャルショッピングサイトのBUYMA経由でも購入出来ます。

BUYMAでAWAYを見る >>

まとめ

アメリカを中心に爆発的に人気が広がっているAway。

日本上陸の日も、そう遠くないはず…?

Instagramでも、スーツケースの雰囲気やブランドの世界観を楽しむことが出来るので、よければフォローしてみてはいかがでしょうか。

AWAYのInstagramを見る >>

Awayは今後も目が離せないブランド間違いなしです。